おかやまバイオマスイノベーション創造センター

研究員

イノベーションマネージャー

リンク

プロフィール

名前岡田 賢治
フリガナオカダ ケンジ
ローマ字Kenji OKADA
所属機関倉敷芸術科学大学 生命科学部 教授 工学博士
研究分野高分子材料

研究内容


創造センターでは、木質系バイオマスを原料に高強度複合材料の開発や新素材開発に係る研究を行っています。

研究成果

学会発表
  • 上本真也、小野史彰、古谷充章、岡田賢治、浦部匡史、サーモトロピック液晶性セルロース誘導体のレオロジー特性、成形加工シンポジア'14 427(2014)
  • 古谷充章、上本真也、網屋繋俊、岡田賢治、耐熱化木粉の開発、成形加工シンポジア'14 425
  • 上本真也、小野史彰、古谷充章、岡田賢治、溶融紡糸法によるセルロース系高強度繊維の開発、Polymer Preprints JapanVol62,1pa111(2013)
  • 上本真也、小野史彰、古谷充章、岡田賢治、溶融紡糸法によるセルロース系高強度繊維の開発 成形加工シンポジア'13 101
  • 上本真也, 小野史彰, 古谷充章, 岡田賢治、木質系バイオマスプラスチックの溶融紡糸繊維の強度特性(第2報)延伸の効果、成形加工ʼ13, 369(2013)
  • 上本真也, 小野史彰, 岡田賢治, 岩蕗仁, 浦部匡史、溶融成形可能なセルロース系バイオマスプラスチックの開発、成形加工ʼ12, 433 (2012)
  • 上本真也, 小野史彰, 古谷充章, 岡田賢治、木質系バイオマスプラスチックの溶融紡糸繊維の強度特性、成形加工シンポジアʼ12, 397 (2012)
特許
  • 特許2014-479(岡田賢治 上本真也 古谷充章)「シリル化セルロースの製造方法、並びにその製造方法により得られたシリル化セルロース繊維、再生セルロース繊維、及びそれらを配合した繊維強化プラスチック成形体」

専任研究員

リンク

プロフィール

名前小野 史彰
フリガナオノ フミアキ
ローマ字Fumiaki ONO
所属機関おかやまバイオマスイノベーション創造センター 研究員
工学博士
研究分野有機合成化学

研究テーマ

  • ナノセルロース結晶体の用途開発に関する研究
  • 機能化セルロースナノファイバーの開発に関する研究

研究成果

学会発表
  • 小野史彰、岡田賢治、浦部匡史、結晶性セルロースをナノフィラーとして充填したPVAコンポジットの特性、成形加工シンポジア'15 379(2015)
  • 小野史彰、岡田賢治、網屋繋俊、木質バイオマス由来の機能性セルロースナノファイバーの開発、日本繊維製品消費科学会年次大会 P6(2015)
  • 小野史彰、川端浩二、藤井英司、岡田賢治、固体酸触媒を用いるナノ結晶セルロース調製法の開発、セルロース学会第21回年次大会、P031(2014)
  • 小野史彰、川端浩二、藤井英司、岡田賢治、ナノ結晶セルロースの新規調製法及びその性質について、第21回フィラーシンポジウム(2013)
  • 小野史彰、岡田賢治、川端浩二、藤井英司、強酸性陽イオン交換樹脂を用いるナノ結晶セルロースの調製、セルロース学会第20回年次大会、P050(2013)
  • 小野史彰、網屋繁俊、岡田賢治、藤井英司、変性セルロースナノファイバーを用いた繊維表面改質材の開発、日本繊維製品消費科学会2013年年次大会、D13(2013)
  • 小野史彰、岡田賢治、川端浩二、藤井英司、固体酸触媒を用いるナノ結晶セルロースの創製、日本化学会第93春季年会、2PA-166(2012)
  • 小野史彰、川端浩二、藤井英司、福崎智司、リグノセルロースナノファイバーの分散性に及ぼす添加剤の効果、セルロース学会第18回年次大会、P051(2011)
特許
  • 特願2013-015367 (荒木潤, 塚原麻衣, 岩本憲治, 岡田賢治) : 多糖類固体の表面修飾法
  • 特願2013-039055 (岡田賢治, 小野史彰, 川端浩二, 藤井英司) :固体酸触媒を用いた流通式ナノ結晶セルロース(NCC)の製造方法および製造装置

共同研究者

  • 信州大学繊維学部 特任教授 網屋 繁俊
  • 岡山大学大学院自然科学研究科 講師 沖原 巧
  • 岡山大学大学院自然科学研究科 准教授 内田 哲也
  • 元 岡山大学大学院自然科学研究科 准教授 井口 勉
  • 岐阜大学応用生物科学部応用生命科学課程 准教授 寺本 好邦
  • (独)産業技術総合研究所中国センター機能化学研究部門セルロース材料グループ グループ長 遠藤 貴士
  • 岡山県工業技術センター 特別研究員(技術支援部長) 川端 浩二
ページトップ